NIPPA
オリジナルボックス プロデュースって何?
こんなものができます
ご依頼から完成まで
環境への取組み
サイゾー君
会社概要
お問い合せ
採用情報


NIPPAトップページへ
Original Box Produce
●大豆インキについて ●環境への取り組みに戻る

大豆インキは従来の油性インキに比べコストが高く、乾きにくいという欠点がありますが、NIPPAでは遠赤外線ライトで速乾性をキープできるよう設備を整え、コスト高を抑えて地球環境保護に取り組んでいます。

なぜ大豆インキが環境に優しいのか?
  1. ダンボールの90%は回収後古紙として再利用されますが、油性インキで印刷した場合、インキが落ちにくく大量の漂白剤を使います。これは水質汚濁を伴い、漂白剤でパルプが劣化し、リサイクルの回数に限度が出てしまいます。大豆インキの場合、植物性インキは色が落ちやすいので漂白剤の使用量が削減でき、環境への影響を軽減させるとともに、パルプの劣化も防ぎ、リサイクルの回数増加の効果もあります。

  2. 大豆タンパクを有機溶剤の代わりに使用しているので、有機溶剤に含まれ大気汚染との関連が指摘されている揮発性有機化合物(VOC)の発生を抑制することができます。

  3. 通常のインキと比較すると大豆インキは脱墨性(インクの落ち具合)が5%向上します。

  4. 大豆の搾り滓を使用しているので食品廃棄物削減につながります。

  5. 環境への負担を減らす「拡大生産者責任」に対応しています。が指摘されている揮発性有機化合物(VOC)の発生を抑制することができます。



ニッパ株式会社 TEL : 045-542-0137 (C)2006, Nippa Corporatin. All rights reserved.